Tシャツはお手入れ方法によってとっても長持ちな衣類になります

Tシャツはすぐに傷んでしまいやすい衣類に思ってしまうかもしれませんが、手入れのしやすさ、そして生地によっては丈夫さが自慢なのがTシャツです。Tシャツの正しいお手入れ方法を知ることによりお気に入りのTシャツはより長く着られるものとなります。

Tシャツのお手入れ方法まとめ!

オリジナルTシャツ

Tシャツを洗う時におすすめのひと手間とは!

Tシャツは色褪せなどが気になり、また伸び縮みなどのダメージも目立ってしまう、どちらかといえば着潰すつもりで着用する衣料品なイメージがあります。
Tシャツ自体安価なので部屋着用やちょっとしたインナー用に買ったものならばあまりお手入れに気を遣わなくても問題ないかもしれませんが、そうでない限定デザインのものや自分の身体にしっかりあったお気に入りのTシャツなどは大事に長く着用していきたい、そんなTシャツもできてきます。
そんなTシャツ、手入れの方法次第で寿命を伸ばすことができ、長く好きなTシャツを着用できる、そんな裏技もあります。
中にはしっかり気を付けないとあとで修復は難しいものもありますが、一見駄目なように見えてもちょっとした手間で元の形に修復できる方法もありますので、それらをご紹介いたします。
優しくダメージがないように洗うなら手洗いが一番いいように感じますが、Tシャツの場合その優れた吸汗性などから、しっかり洗わないとニオイのもとになってしまうので洗濯機で洗うのをおすすめいたします。
あまり汚れが目立たない、汗をかいていない場合は手洗いでも問題ありませんが、気になるならネットにいれて他の洗濯物と直接絡まないように工夫すれば問題なく洗濯機でも気にせず洗えます。
洗濯機から出すときに無理やりひっぱってだしてしまうのが、伸縮性に優れているTシャツにとってあまりよくなく、伸びきってしまう原因となりがちですがそれさえ気を付けていれば問題ありません。
色褪せの原因として洗濯のダメージが挙げられることもありますが、それでも長時間にわたって回していない限りは洗濯では色褪せが起こることは実は少ないのです。
経年劣化や、ほかに原因があることが多いのでそちらを気を付けると、色褪せもできるだけ防いで着用できるものとなっています。
保管方法などを気を付けたほうがいい、そんな場合もあるので一概に洗濯機でのダメージとはいえないのです。
もし落ちにくい汚れがついてしまった場合、固形石鹸と歯ブラシを使って、一定方向にこすると汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。
無地のTシャツならこうして、あまり何も考えずに洗濯できますが、刺繍やプリント入りのものは、裏返してネットにいれて洗濯するとよりデリケートに洗えるので長持ちする秘訣となります。
脱水時間なども気を付けると更に長持ちさせられますが、忙しい日常生活でそこまで気を遣える人はあまりいないものです。
脱水時間などもこだわるのはあくまで理想、ネットにいれたり裏返したりのひと手間は比較的かけやすい手間なので、お気に入りのTシャツを洗濯するときはこうしたひと手間をかけるとより長持ちさせることができます。
洗濯のあとは干し方などが重要、伸び縮みしやすいTシャツだからこそ干す時の形は少し気にする必要があります。
そこまで気を遣わなくてもいいTシャツならそのまま普通に干すのもOKですが、お気に入りのTシャツは干し方も少し気を付けるだけで綺麗な形を維持したまま、長持ちさせられるのでぜひ実践するのをおすすめいたします。
Tシャツはとてもラフなオシャレを楽しむもの、お手入れもそこまで難しいものではないのでちょっとしたひと手間をかけるだけでも全然違います。

お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ!

Tシャツで起こりやすい伸び縮み、色褪せは実は洗濯の段階ではなく干す時におこりやすいものとなっています。
よく市販で販売されているハンガーで干すのも、場所をとらないので利用している方も多いですが、お気に入りのTシャツに関してはハンガーの形がついてしまうので、竿にそのままかけて干すのが実は正解となっています。
乾燥機を利用するのが一番ですが、外干しをする方も多いもの、その場合ハンガーのあとや洗濯ばさみのあとがついてしまいます。
お気に入りのTシャツの場合少し気になってしまうところで。好きなお洋服だからこそきちんとお手入れして長く着用したいものです。
Tシャツの本来の正しい干し方は竿にかけるか平干し、両方とも場所が必要なので全部のTシャツをこの干し方にするのは難しいですが、できるだけ長く着用したいと思っているTシャツに関してはこうした干し方をするのをおすすめいたします。
ただ干し方を気を付けていても、日光、紫外線はTシャツにとって実は色褪せの原因の一つです。
もちろん普通に干す分には問題ありませんが、数日干しっぱなしだとすぐに色褪せてしまうので乾いたらその日のうちにちゃんと回収して直すようにすると色褪せの原因も防ぐことができます。
たたみ方などもこだわるとたたみジワも出来にくいので、気になる方はたたみジワのできない方法を実践するとクローゼットにしまい込んでいる間も安心です。
Tシャツで一番目立つ劣化である色褪せやたたみジワ、これらもひと手間かけるだけで見違えるように寿命を伸ばしてくれるテクニックがあります。
全部の衣類にしている余裕はなくても、特にお気に入りなTシャツだけ気を付けるなど、ちょっとした手間を変えるだけで全然違うもちの良さが実感できます。
なかなか手をかけられない部分かもしれませんが、お気に入りの衣類を少しでも長く着られるように、ちょっとした手間をかけてみるのをおすすめいたします。

Tシャツのヨレを戻すおすすめテクニックはこれ!

結局気を付けていてもどうしても起こってしまう劣化もあります。
色褪せはもう戻せませんが、実は他にも起こりやすいことである首元の伸びや毛玉、これらはあとで修復できるものとなっています。
特に首元のヨレは頭を通すぶんどうしても起こってしまうことですが、そのまま着用するとだらしない印象になってしまうので、折角のお気に入りのTシャツも台無しになってしまいます。
デザイン、プリントがよくても首元のヨレはだらしない印象をあたえてしまうので、できるならば修復したいところです。
このヨレ、一度ついてしまうともう二度と戻せない、そんなものに思われがちですが実はそんなことはなく、アイロンで比較的簡単にもどすテクニックがあります。
これを実行すると大体のヨレはもどりますので、とてもおすすめです。
Tシャツのヨレは布地自体が伸びてしまったことが原因なので、布地自体を縮ませることで解消します。
この時に役立つのが乾燥機ですが、乾燥機が自宅にない場合はアイロンでもできます。
Tシャツを縦方向に引っ張り、襟もとにできてしまった隙間を整えたうえでスチームをかけるだけ、これで糸を元の位置に固定できるのでヨレが改善するのです。
伸びてしまったものを熱で縮ませることにより、ヨレを改善する、比較的簡単な方法で戻すことができます。ですがプリントの場合溶けてしまう場合もありますので、プリント部分に施すのは避けた方がいいです。
他にも起こりやすい毛玉も、毛玉取りで優しくとる、小さな鋏で少しずつ取り除く、そうした方法を行うことで、品質を維持したままで長く着用できます。
Tシャツを着用しているとどちらも起こりやすいトラブルですが、二度と戻らないわけではなく修復方法もあるのでお気に入りのTシャツもこうして修復していただけます。